連弾初合わせ♪

小学三年生のAちゃんとBちゃん、現在は別々の小学校に通っていますが、幼稚園の頃からの仲良しです。

前回の発表会に続き、今回もふたりで連弾をしてくれることになりました。曲目はモーツァルトの代表曲のひとつ「アイネクライネナハトムジーク」です。呪文みたいな曲名ですが、れっきとしたドイツ語で、日本語に直訳すると「小夜曲」になります(原曲は弦楽合奏曲です)

それぞれが自分のパートの練習を重ね、今日初めての合わせだったのですが、考えていたよりもスムーズに合わせることが出来ました。やっぱり仲良しのふたりだからでしょうか?

連弾の後、それぞれのソロの曲を聴き合いました。

「ただ聴いただけじゃなくて、良かったところをお互いに伝えてみて」と言ったところ、

AちゃんはBちゃんに「手首の使い方が柔らかくてきれいだった」

BちゃんはAちゃんに「鍵盤をあっちこっち自由に弾いていてすごかった」(音域を広く使う曲です)

ただ「きれいだった」「上手だった」だけでなく、見るべきポイントを的確にちゃんと見ていることに内心驚き、そして嬉しく思いました。

当日のふたりの演奏がとても楽しみです。

ABOUTこの記事をかいた人

専門はクラシックですが、ポップス、ジャズなどジャンルを問わず、とにかく「ピアノ」という楽器が好きです。 生徒さんひとりひとりの好みと進度に合わせた、思わず笑顔になるような楽しいレッスンを展開すべくアンテナを張り巡らせている毎日です。 モットーは「笑顔」と「ポジティブシンキング」です♪