二月

早いもので立春も過ぎました。日もだいぶ伸びてきて、夕方遅めの時間にレッスンに来る生徒さんも、なんとか明るいうちに帰れるようになり少しほっとしています。

三月の発表会のプログラム曲も全て決まり、生徒さん達はそれぞれのペースで本当に一生懸命に取り組んでいるので、レッスンも自然と熱を帯びます。

私がパソコンで作成した文字楽譜を補助的に使用してはいますが、普段のレッスンの課題曲よりかなり難しい曲をどの生徒さんも頑張って弾いてくるので内心驚いています。鍵盤の位置関係は把握しているようなので、五線譜をもっとすらすら読めるようにする、指番号を一瞬で判断する、打鍵の力をもっとつける。。。という次の課題も見えてきました。

発表会の準備としては、会場の下見、お花の手配、記念品の手配、忘れてはいけないプログラムの作成(演奏順をどうするか、ぎりぎりまで熟考します)、自分の練習はもちろん、全ての生徒さんの舞台上での演奏も頭の中でシュミレーションします。

当日、生徒さんが練習の成果を舞台で発揮出来るように、私も精一杯の応援をしたいと思います。

Screenshot_2016-01-01-16-58-07_1

 

 

二月” に対して1件のコメントがあります。

  1. http://j.mp より:

    You can certainly see your enthusiasm within the work you write.
    The world hopes for more passionate writers such as you who are not afraid to mention how they believe.
    Always go after your heart. 0mniartist asmr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。