量より質

発表会まで二週間を切りました。生徒さんの顔つきがキリッと引き締まってきたように感じます。

アドヴァイスを聞いてたくさんの繰り返し練習をした生徒の皆さん、さぁ、この一週間の練習方法は「量より質」です。

繰り返し練習をしたことで指がなめらかに動くようになったと思います(これを指が覚えたと言います)

何も考えなくても指が勝手に動く。。。ちょっと待って!何も考えなくても?

ピアノは考えながら弾くものです。曲のイメージは?  フレーズの最初のタッチは? クレッシェンドの到達点は何の音?。。。などなど。

というわけで、いま一度、楽譜をじーーっと見てレッスンでの注意マークの意味を思い出し、自分の弾くピアノの音を聴きながらスローモーション練習をして下さい。

一本のロープの上を綱渡りしているような気持ちで集中して一音一音弾いてみましょう。指がよろけるところはありませんか?暗譜があやふやなところはありませんか?指がよろけるところは「魔法の練習」の出番です!あやふやなところは、頭でしっかり覚えます。

この一週間は、細かいところを確認する期間にして下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

専門はクラシックですが、ポップス、ジャズなどジャンルを問わず、とにかく「ピアノ」という楽器が好きです。 生徒さんひとりひとりの好みと進度に合わせた、思わず笑顔になるような楽しいレッスンを展開すべくアンテナを張り巡らせている毎日です。 モットーは「笑顔」と「ポジティブシンキング」です♪