世界に一つだけの花

先日取り寄せたアレンジの異なる3パターンの「世界に一つだけの花」の合唱譜ですが、

色々と比べた結果、めでたく採用になったのがこちらのアレンジの楽譜。ピアノ伴奏も綺麗だし、合唱も最後に半音高く転調するので盛り上がりそうです。改めて聞くと、歌詞もとってもいいですね。

プリズムの練習が始まる前に下見をしておこうと思い、弾き歌いの練習をしました。伴奏を弾きながら歌うのは、難しいけれど面白いです。

伴奏を弾きながら、先日ソルフェージュのレッスンで教わった和声を思い出して、五線譜に和声進行を書いてみました。

「ほほー、 ちゃんとⅠ Ⅳ Ⅴ になってる。んーとここにシャープの臨時記号がつくということは、G-durからe-mollに転調ね、ほうほう」とひとりでぶつぶつ言いながら書いているうちに、「そうだ、ついでにコード進行の勉強もしよう」ということでコード記号も書いてみました。コードを覚えると、メロディーに伴奏を自分で工夫して弾くことが出来ます。

それにしてもこの和声、学生時代に勉強したはずなのに恐ろしいほどに忘れています(爆)でもやっているうちに、なんとなく思い出してきたのでゼロではないと思いたいです。

「世界に一つだけの花」、作曲に興味のある高校生の生徒さんのコード進行を学ぶいい教材にもなりそうです。あ、そういえばS君がアンケートでこの曲を弾いてみたいと答えていたなぁ。各生徒さんのレッスンの事前準備も色々とありますが、日頃、とてもお世話になっている千葉幼稚園から大きなお仕事をふたつ引き受けさせて頂いたのでその準備も進行中。その事前準備に必要なテキストも届きました。勉強せねば。

 

 

 

世界に一つだけの花” に対して1件のコメントがあります。

  1. j.mp より:

    Can I simply just say what a relief to find somebody who truly knows what they are discussing on the web.

    You definitely know how to bring an issue to light and make it important.
    More people ought to look at this and understand this side of
    the story. I was surprised you are not more
    popular given that you most certainly possess the gift.
    asmr 0mniartist

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。