ピアノ伴奏者のための特別レッスンについて

小中学校で行なわれる校内音楽会や合唱コンクール、卒業式などのピアノ伴奏ですが、伴奏の難易度が年々上がっているように思われます。伴奏の楽譜のコピーを持ち帰っても、これは弾けそうもないと早々に諦めてしまう子も少なくないようです。立候補者が複数の場合は数日後にオーディションが行なわれるそうなのですが、曲が難しすぎてオーディション当日に残った立候補者がひとりかふたりというケースもあるようで、伴奏者になるということはなかなか高いハードルのようです。

ハードルが高い理由のひとつが、ごく短期間で弾けるようにならなくてはいけないことだからです。音楽会が一ヶ月後、合唱コンクールが三ヶ月後だとしても、楽譜をもらってから1〜2週間で弾けるようにする(学校の授業でピアノ伴奏に合わせた練習をするため)必要があるので、普段のレッスンのペースからすると何倍も大変なことです。

それでも「ピアノ伴奏者になりたい!」という生徒さんのために、楽譜を貰ってから数日から1週間である程度弾けるようになる特別なレッスンを致します。

詳しくはこちらをご覧ください →  ◼️

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

専門はクラシックですが、ポップス、ジャズなどジャンルを問わず、とにかく「ピアノ」という楽器が好きです。 生徒さんひとりひとりの好みと進度に合わせた、思わず笑顔になるような楽しいレッスンを展開すべくアンテナを張り巡らせている毎日です。 モットーは「笑顔」と「ポジティブシンキング」です♪