ショパンサロンでリハーサルをしてきました

いよいよ今週末に迫ったスプリングコンサート、その会場のオーナー様のご好意でホールのピアノで練習をさせて頂きました。

ピアノはとても軽やかなタッチのスタインウェイ、その響きの良さを生徒さんにもぜひ存分に味わってほしいと思います。

ホールもクラシック専用というだけあって、音がとてもまろやかに心地よく響きます。

世の中には「音響学」という分野や、「音響設計士」という仕事もあります。

目には見えない「音」をどう捉え、どう扱うのかとても興味があります。

デジタル音があふれる日常ですが、ひととき「生」の音に触れて楽しんで頂きたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

専門はクラシックですが、ポップス、ジャズなどジャンルを問わず、とにかく「ピアノ」という楽器が好きです。 生徒さんひとりひとりの好みと進度に合わせた、思わず笑顔になるような楽しいレッスンを展開すべくアンテナを張り巡らせている毎日です。 モットーは「笑顔」と「ポジティブシンキング」です♪