ピアノの先生のHPから

時々、よそのピアノの先生のHPを読んで勉強させて頂くことがあります。

教材の紹介や指導法など参考になることもありますが、「へぇ」と驚くこともあります。

全然練習してこない生徒さんに対して「ピアノは家での練習が大事なのです。練習がお嫌いならお月謝がもったいないですからおやめになったらいかが?」というお答えの年配の先生。

トイレは家で済ませてくること、レッスン室では靴下を履くこと、インフルエンザなど感染症が流行っている時季は必ずマスクをしてくること、忘れた場合は有料でお分けします。。。などなど事細かに教室規約に載せている教室も。

「自宅にグランドピアノがあるお子さんしか教えません」というある有名な先生のレッスンは、幼稚園児でも1回2時間。体験レッスンは1時間1万2千円。コンペティションに参加して全国大会出場を目指すのであれば、幼稚園児でも毎日5〜6時間、土日は10時間の練習が当たり前。回数で言えば1000回の繰り返し練習が必須だそうです。その先生のレッスン室のお写真は、白いグランドピアノが二台並び、天井から豪華なシャンデリアが下がっておりました。

ピアノの先生のカラーも色々です。今はHPで、ある程度先生のカラーや指導理念がわかるので、教室選びの目安になりますね。